クリニックってスタッフギリギリだよね・・・。看護助手とかヘルパーさん置けるほど余裕がないクリニックがほとんどですね・・・。

 

クリニックの勤務というのは、思ったほど楽ではありません。

 

日勤のみの仕事で、週末は休む事ができて、子育てと仕事を両立させる為に、クリニックに転職する方が沢山いますが、事前に職場環境を確認する事をお勧めします。

 

ほとんどのクリニックは、ギリギリのスタッフで仕事を回しています。

 

その為、1人でも欠員がでると、業務に支障がでてしまうので、休みをなかなか取る事ができない、という職場が多いんです。

 

子育てをしていると、子供の体調不良や、学校や園の行事などで、休みを取りたい時があります。

 

それに、クリニックは、平日は毎日仕事ですから、子供を病院に連れて行きたい時など、平日の休みが必要な時が多々あります。

 

それに、連休もなかなか取る事ができません。

 

常勤で働いている場合、もちろん有給休暇がありますが、せっかく有給休暇があっても、使う事ができないんです。

 

有給休暇を使う事ができるのは、常勤で働く上でもメリットでもあるのに、このような環境では、常勤で働いているメリットがなくなってしまいます。

 

クリニックは病院と違い、クリニック内の掃除や、物品の補充や滅菌など、雑務が沢山あります。

 

看護師を増やす事が難しいのであれば、看護助手やヘルパーでもいいので雇って欲しいと思ってしまいます。

 

しかし、小規模のクリニックでは、経営上の問題もあり、看護師よりも人件費が安いと思われる、ヘルパーや看護助手でさえ、雇う余裕がないところが多いんです。

 

クリニックは、看護師としての仕事内容は、病院に比べると楽なんですが、その他の部分で、病院とは全く違う大変さがあります。

 

事前に確認して、なるべくスタッフが充実しているクリニックを選ぶ事が大切だと思います。

看護師になってすぐの頃は、仕事の楽しさなんて分からなかったな〜。やっと楽しいと思えたのは、5年目以降位かな〜?!

看護師の仕事って、想像以上にハードな仕事ですね( ;´Д`)

 

新人の頃は毎日泣きたくなるような日々でした。

 

先輩のようにテキパキ仕事がこなせないから、検温から戻って来るのが遅いと朝から怒られるし…。

 

覚えなくてならない看護技術は、学生の頃に習ったことよりも難しいことばかりです(・_・;

 

仕事を覚えるために、毎日のように検査や病棟オペを数件つけられます。

 

ドクターの足手まといにならないようにと思えば思うほど、緊張で動きがぎこちなくなり、ドクターに怒られます。

 

急変が起きた時など、パニックになってしまい、足手まといになってばかりです。

 

先輩たちは、テキパキ対応しているのに、私は怖くて動けず、先輩に睨まれてばかりでした(T ^ T)

 

もう、心電図モニターのアラームを聞くだけで、心臓はバクバクです。

 

とにかく、無我夢中で働いた新人時代を終えると、後輩が入ってきてさらにプレッシャーがかかります。

 

なんとか仕事に慣れ始めたと思ったら、プリセプターやリーダー業務の研修が始まります。

 

人に仕事を教えるのも大変なことですよね( ;´Д`)

 

また、リーダー業務は病棟全体の状態を把握し、スタッフに指示を出したり、ドクターや師長に報告したりと、責任の重い仕事です。

 

苦手な先輩や、怖い先輩に指示を出すのも気が重かったですね。

 

みんなそれぞれに言い分もあるし、見解も違うから、意見がまとまらないし、納得出来ないと無視されるし…(T ^ T)

 

リーダー業務なんてやりたくない!っていつも同僚に愚痴っていました。

 

しかし、そんな看護師生活も5年も過ぎると、だいぶ気持ちに余裕が出てきますね。

 

今は、仕事も楽しいと思えますし、やりがいのある仕事をしていると心から言えます。

 

何度も挫折しそうになったし、看護師になったことを後悔したこともありました。

 

しかし、一人前の看護師になるためには、やはり試練は多い方が良かったと今は思えますよd(^_^o)

 

オールインワンゲルの美白の効果

外来のパートで時間も日数も決められた範囲で子育てと両立できています。

働き始めた頃は総合病院で、重症度の高い患者さんが多い病棟勤務をしていました。

 

結婚後も続けていましたが、日勤・夜勤のシフトがやや家庭に影響が出てしまい、妊娠を機に退職しました。

 

その後、2人子どもを授かり、下の子が幼稚園に入る年齢まで家庭にいましたが、子育てに少し余裕が出てきたことと、将来を考えて、ダブルインカムの方が夫も安心して働けるだろうと思うようになりました。

 

とはいえ、ブランクが長いと復帰することにもためらいがあり、医療の進歩についていけないんじゃないか、20代の頃のように身体が動かないんじゃないか、様々な不安がよぎりました。

 

そこで、看護師求人情報サイトにアクセスしてみました。

 

出来るだけ子どもを持ってからの家庭生活に大きな影響がない働き方をしたかったので、平日4日間、それぞれ6時間くらいで、出来れば残業もなく、高い看護技術は持っていないので、自分の持てる力で出来る範囲の仕事を紹介してもらいました。

 

外来のパート看護師で、自分の希望にほぼ合った職場でした。様々な労働形態で働いている看護師さんがいるので、システムがしっかりしていて、情報共有やコミュニケーションもうまくいっています。

 

子どもの急な病気による休暇や早退などあったときに、とても申し訳なく、ご迷惑かけてしまったと思うのですが、子育てに理解のある職場なので、「大丈夫よ。心配しないで、お子さん優先でね。」と声をかけてもらえ、本当に助かっています。

 

パート看護師ですが、有給休暇もいただけて、しかし、勤務時間数は短いので、収入としては高いわけではありません。

 

子どもがもっと大きくなって手がかからなくなったらバリバリ働きたいという思いもなくはないのですが、私自身が家庭と仕事の両立をしていくには、このくらいがちょうどよいかな、と思っています。